スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<山陽・九州新幹線>「さくら」公開 N700系を基に開発(毎日新聞)

 JR西日本・九州は15日、来春に直通運転が始まる山陽・九州新幹線(新大阪-鹿児島中央)で使用する新型車両「さくら」の車内を報道陣に公開した。木製のひじ掛けやテーブルなど和を意識した内装が特徴。快適性も重視しているほか、指定席では座席ごとに点字の番号表示も施し、視覚障害者にも配慮した。

 試験走行した姫路-博多で、乗車した報道陣に公開した。

 新型車両は東海道・山陽新幹線「のぞみ」で運行中の「N700系」をベースに開発。九州区間に多い急勾配(こうばい)に対応するため、全車両にモーターを登載した。8両編成で1~3号車が自由席、4~8号車が指定席で、6号車の半分がグリーン席。女性の利用増を図ろうと、女性専用トイレやパウダールームも設けた。

 直通運転で新大阪-鹿児島中央間は現在より約1時間短い4時間前後で結ばれる。【堀江拓哉】

【関連ニュース】
東北新幹線:新青森延伸12月初旬に
質問なるほドリ:新型東北新幹線、高速の秘密は?=回答・矢澤秀範
筑後夢の酒:九州新幹線久留米駅の開業イベント、各蔵元の看板銘柄をブレンド /福岡
九州新幹線:新八代駅「利便高いダイヤを」 JR九州に八代市などが要望 /熊本
ホームレス:対策要望 博多駅ビル周辺団体、開業前に市議会へ /福岡

わいせつDVD27万枚押収=24店摘発、37人逮捕―警視庁(時事通信)
踏切で車立ち往生、JR宇都宮線で運転見合わせ(読売新聞)
超党派の「財政健全化会議」提案=強い経済へ「第3の道」―首相所信(時事通信)
中畑氏「石井浩郎をよろしく」秋田で初遊説(スポーツ報知)
歌丸さん、肺疾患の予防会合で「意見」(読売新聞)
スポンサーサイト

「3年間新卒扱い」 公約で就活支援策 公明の参院選マニフェスト(産経新聞)

 公明党の夏の参院選マニフェスト(政権公約)の全文が3日、明らかになった。雇用対策では、新卒の未就職者に対する就職活動支援を掲げ、大学卒業後3年間は「新卒者扱い」とする法整備を進める。

 低所得者や高齢者向けの住宅としては「セーフティネット住宅」を100万戸確保。国会改革では、国会議員の歳費を削減するとしただけで、素案で「3割削減」とした数値目標は見送った。議員定数の削減目標も明記されなかった。

 主要政策として(1)雇用保障や年金・医療の充実など新しい福祉を提案(2)景気対策・成長戦略(3)クリーンな政治の実現(4)国民のための行政の実現-の4つを掲げた。

【関連記事】
「鳩山辞任」財政にメス 景気動向、連立組み替えが鍵
「独り勝ち」のみんなの党、無党派層吸引
樽床氏「親小沢、反小沢の2極化は考えない」
「責任重大」他党の批判が集中 参院選民主陣営からは安堵の声も
清算する気ある?小沢独裁を脱せ…高村薫、森田実さんらに聞く
「はやぶさ」帰還へ

幸夫人「厳しい決断だった」…鳩山首相退陣表明(スポーツ報知)
待機児童1万7000人 共産党都議団発表(産経新聞)
「要介護認定」などの見直し求める意見が続出―介護保険部会(医療介護CBニュース)
シンドラー製でロープ破断=エレベーター5000台を緊急点検―国交省(時事通信)
クールビズ閣議 批判の中「かりゆし」(毎日新聞)

<小沢幹事長>参院選マニフェスト先延ばし 高嶋氏と一致(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は24日、国会内で高嶋良充参院幹事長と会談し、5月中に予定していた参院選マニフェスト(政権公約)の取りまとめを断念し、6月初旬まで先延ばしする方針で一致した。米軍普天間飛行場の移設問題で混乱する政府側に配慮した。高嶋氏が「普天間問題に集中してもらうために1週間程度延ばした方がいい」と進言し、小沢氏が了承した。

【関連ニュース】
小沢幹事長:「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?
郵政改革法案:小沢幹事長が今国会での成立方針を明言
小沢幹事長:潔白を強調…再び不起訴
小沢幹事長:再び不起訴、2回目の検察審へ…陸山会事件
小沢氏:発言、決断「どうなのか」 政権運営に疑問

海上保安庁に虚偽通信 無職男を逮捕 大阪府警(産経新聞)
日米防衛相 中国海軍監視で協力(産経新聞)
<ローラー子供靴>転倒事故が急増…生活センター注意喚起(毎日新聞)
<野党4党>衆院総務委員長の解任決議案を提出 強行採決で(毎日新聞)
<訃報>前衛美術評論の草分け、針生一郎さん84歳(毎日新聞)

介護事業60%増収、今期デイサービスを13か所新設-ヒューマンHD(医療介護CBニュース)

 ヒューマンホールディングスは5月19日、今年3月期の決算を発表した。介護事業は、売上高43億4300万円(前期比10.9%増)、営業利益3億1300万円(同60.3%増)だった。デイサービスステーションやグループホームを8施設開設するなど、事業拡大に伴う入居者の増加が要因。佐藤朋也社長は会見で、7月1日以降、介護事業を「ヒューマンライフケア株式会社」として分社し、競争力の強化と事業展開のスピードアップを図るとも発表した。 

 一方、来年3月期の介護事業の業績予想は、売上高50億円700万と前期を上回る見込み。ただ、デイサービスステーションを13か所新設するなどの影響で、営業費用が前年より8億9100万円増える。その結果、営業利益は8600万円にとどまり、前期を大幅に下回る見通しだ。佐藤社長は、来年3月期が大幅な減益となる見通しである点について「中長期的な成長に向けた投資が反映されたため」と説明した。

 グループ全体の今年3月期の連結売上高は595億5900万円(同18.1%減)、営業利益は18億5200万円(同703.3%増)だった。人材関連事業や教育事業のコスト削減などが、営業利益の大幅な増加をもたらした。


【関連記事】
入居率増で介護事業28%増収―シップHD
ニチイ学館、介護で初の売上高1千億円突破―今年3月期
ワタミ、介護事業19%増収―施設の積極開設が寄与
ベネッセ3月期、介護部門10%増収―今期は26拠点開設
GHや通所などの新規開設加速へ―セントケアHD

北関与なら6カ国開催不可能=哨戒艦沈没で岡田外相(時事通信)
ポートアイランド 街開き30周年 住民パワーゼロから文化築く(産経新聞)
官房長官、午後に徳之島住民と会談(産経新聞)
ワタミ、介護事業19%増収―施設の積極開設が寄与(医療介護CBニュース)
男性2人が心肺停止=いずれも刺し傷、軽傷も1人―大阪(時事通信)

トキ 卵がまたカラスに奪われる 残りの卵がまだ存在か(毎日新聞)

 環境省は10日、新潟県佐渡市で放鳥されたトキのペアの巣をカラスが襲い、卵1個を奪ったと発表した。ただ、ペアは直後に巣に座り込んで卵を温める「抱卵」を再開しており、1個以上の卵が残っているとみられる。

【関連記事】放鳥トキ:巣にカラス侵入、卵捨てる ふ化厳しく

 同省によると、襲われたのはいずれも09年に放鳥された4歳の雄と2歳の雌のペアの巣。10日午前7時半ごろ、巣で抱卵していた雌が何かに驚いたように飛び立った直後、ハシブトガラスが巣に降り、卵1個を奪った。

 市内では9日にも別のトキの巣がカラスに襲われ、直後にトキが卵1個を捨てたばかり。現場を観察していた永田尚志・新潟大准教授(鳥類生態学)は「天敵が来ても逃げないように、トキに学習してもらうしかない」と話した。【畠山哲郎、磯野保】

【関連ニュース】
【トキの生態】繁殖うらやましい? ペアの巣に別の雌接近
【写真特集】トキもいろんな鳥も 毎日動物園・鳥類別館
【トキの話題】トキ襲撃死:電気柵などの設置を…検証委が報告書案
【トキの話題】トキ:2世誕生に期待 9日以降ふ化も…新潟・佐渡

<交通事故>バイクと乗用車が衝突 15歳の少女死亡…石川(毎日新聞)
アカヤシオ ピンクの大波…三重・御在所岳(毎日新聞)
劇団四季 14年間の常設公演に幕 福岡シティ劇場(毎日新聞)
<鳩山政権>実績アピール必死 仕分けにマニフェスト…(毎日新聞)
酔って小学校で暴言、市議リコールの投票告示(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。